家庭菜園ついでにヘチマ水を作ったところ

肌が乾燥し易く、ちょっとでもカラカラに晴れた日には夏冬を問わず肌荒れしてしまう私でしたが、最近になって自家製のヘチマ水を利用する様になり、その効果を実感するまでになりました。
それまでは何となくヘチマ水という名前だけは聞いていたものの、あまり真剣に利用を検討した事がありませんでした。ただ自宅の庭を家庭菜園として改造しようとなった時、何か美容に効果のある植物は作れないかと考えた時、ふと浮かんだのがヘチマ水。ヘチマなら近所の花屋でも苗が入手出来、取り組んでみて損は無いと思ったのでした。
とりあえずはスポンジ確保の為に大きな実を採集したかった事もあり、ヘチマ水の確保は完全に実が成熟し収穫した後に実施。根元から数十センチ辺りの所で茎を切断し、断面から溢れてくるヘチマ水を手頃な瓶に溜め込みます。そうして採取したヘチマ水をネットの解説を参考にしながら加工し、500mlのペットボトル一瓶程の量が完成したのです。
その後、特に乾燥肌の症状が強く出そうな日の直前、風呂上がりに丁寧に塗って見たところ、クセも無く大変快適に過ごせる事が分かり、大満足。また添加物も加えずそのまま飲用すれば喉の荒れや風邪にも効果的であるという事を知り、今後の活躍の場が広がる確信を得たのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です