生きること、植物、女性、美しい

生きているうちにできるだけたくさん美しいものを見てみたいですね。
美しさに数の問題は存在しませんが、それがたくさん見られることには越したことがないですから。

もちろん、美しいもの一つを、延々と眺め続けるのも心地が良いものです。美しい妻の価値というのはここ一点にあるのではないのでしょうか。他の人間に自慢するために美人は存在するわけではありません。まぁ、私には妻どころか彼女もいないわけですが。

美しいものと言えば、植物です。多くの植物は美しい。個人的には、枯れた姿より、生き生きと青く緑な姿のほうが美しいと感じます。植物がもっとも美しいのは4~7月あたりではないでしょうか。もちろん他の季節に美しさを開く植物もたくさんありますが、窓を開けて見渡して、散歩をして美しさを体全体で味わうことが容易に可能なのはこの時期です。

湿度が高いことはいいことなのです。水滴がついた葉。美しいですね。女性と植物は美しい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です